イデゑもん写真日記

出来るだけ毎日撮影した写真を公開し、ブログを更新していけたらいいなぁと思っています。

2011年06月

6月19日バス釣り(34回目)

6月19日の日曜日は加西の野池へバス釣りに行って来ました。
今回の目的は野池のヘビーカバー攻略でした。

ついついどこでもフィネスに走ってしまうので、いつものティムコ フェンウィック SUPER Techna S-TAV63CLJ+daiwa K.T.F. PX-68 フィネス 左ハンドル(フロロ10ポンド)のベイトフィネスセットを持って行かずに行きました。

持っているだけでビッグバスハンターになった気になれるdeps HUGE CUSTOM H3S-81RF+daiwa Z2020SHL(PE5号)となんでもござれのバーサタイルdeps Fxxk_86 サムライニンジャハラキリフジヤマ+シマノ アンタレス5Lともしものためにdaiwa K.T.F. PX-68 フィネス 左ハンドル(フロロ10ポンド)を持って行きました。

とりあえずカバーのある野池に行き、depsのスタッブクローの1オンステキサスでパンチング開始。
一通り攻めたので、ジャッカルのダガーミノ―にチェンジします。
今度はトップのラドスケールも試してみます。
さらにペンシルペンシル(笑)
ベルノッカーと試しますが反応しません。

ここで心が折れたのでサムライニンジャハラキリフジヤマにdaiwa K.T.F. PX-68 フィネスを付けて結局ベイトフィネスな釣りを開始。
フリックシェイクのノーシンカーを投げると…。
はい、ギルが釣れました。

同じ方法で

なんぼでも…。
ここで1つ目の池を諦めて別の池に移動します。

ハドルジャックを投げてみます。
花が咲いていました。
バズジェットJr

再びパンチで攻めるも反応なし。で別の池に移動。
マゴハマを投げると、小さい魚が追っかけてきますが、もちろん釣れません。
別の池に移動します。
ハドルジャック投げるとしたから何かが飛び出してきましたが、乗らず。
カバージャックでも何かがキスバイト。
もう諦めて帰ろうと思いましたが、帰り道に吉川の待ち合わせの池で釣る事にしました。
サムライニンジャでベイトフィネスをするとあっさり釣れました。
今年15本目のバス(17cm)

タックル:deps Fxxk_86 サムライニンジャハラキリフジヤマ+daiwa K.T.F. PX-68 フィネス 左ハンドル
ライン:フロロ10ポンド
ルアー:フリックシェイク3.8インチ(ウォータメロン)のジグヘッドワッキー
ヒットタイム:12時6分

一匹釣れたので帰りました。

場所:加西の野池、吉川の野池
日付:6月19日(日)
時間:5時00分〜12時10分
天気:くもり
水温:不明
結果:バス1匹(17cm)、ブルーギル

6月12日バス釣り(33回目)

6月12日の日曜日は青野ダムへバス釣りに行って来ました。

いつものティムコ フェンウィック SUPER Techna S-TAV63CLJ+daiwa K.T.F. PX-68 フィネス 左ハンドル(フロロ10ポンド)を持って行きました。

青野ダムの雰囲気はイイ感じです。
とりあえず前回釣れた末西公園から始めます。
このところ好調な自作のスモラバからスタートします。
層を変えるために、トレーラをジャバシャッドにかえています。
スクラムさん特製のスピナベを投げます。
しかし状況が悪いのか、反応がありません。
そこで湖翠荘の北側へ移動します。ここの水の色はかなりクリアーでした。
水温は18.9℃でした。反応ないので南側に移動しようとしたら、カープファンがいたのでやめました。
何の反応もなく、もう既に心が折れていたので吉川の野池でボーズを逃れることにしました。
待ち合わせの池に到着し、フリックシェイクのジグヘッドワッキーをフォールさせます。
あっさり小バスが釣れました。
今年13本目のバス(16僉

タックル:ティムコ フェンウィック SUPER Techna S-TAV63CLJ+daiwa K.T.F. PX-68 フィネス 左ハンドル
ライン:フロロ10ポンド
ルアー:フリックシェイク3.8インチ(ウォータメロン)のジグヘッドワッキー
ヒットタイム:7時31分

同じように2匹目GET。
今年14本目のバス(17僉

タックル:ティムコ フェンウィック SUPER Techna S-TAV63CLJ+daiwa K.T.F. PX-68 フィネス 左ハンドル
ライン:フロロ10ポンド
ルアー:フリックシェイク3.8インチ(ウォータメロン)のジグヘッドワッキー
ヒットタイム:7時37分

とりえずボーズがなくなったので別の野池に移動しますが、ヘラ師がいたのでパス。
次の野池に移動します。

ここも濁っています。
ウェーダをはいて奥の方に移動し、自作のスモラバを投げます。
アタリはあるものの乗りません。
どうもギルっぽいので2.5インチのサターン(ギルキラー)を投入。
やっぱりギルでした。

ギルは無尽蔵に釣れます(笑)

フックだけでも釣れるかもと思ってやってみると・・・。

フックだけでも釣れました〜。
そろそろ帰ろうとしていると、同じ池にkensakuさん夫妻が到着されたので、情報交換をして池を後にしました。
ところが、吉川から高速に乗って大阪方面と逆の方に入ってしまいました。
まあついでに加西の野池でも行くか〜と軽く考えたのが間違いでした。
加西の野池に到着。
下の池はヒシがびっちりでした。
上の池はハスがはっていました。
でも釣れたのはギルのみ。
フリックシェイクのノーシンカーを投げますが、ギルバイトのみ。
別の野池に移動。
マゴハマで岸際を探ります。5cmぐらいの小さなバスが追っかけてきます(笑)
トップに出そうだったので、レッドペッパーも投げてみますが反応なし。
雨もきつくなってきたので、あきらめて帰路に着きました。
ところが高速は大渋滞、しかも携帯電話の充電がなくなっていたため、連絡もとれずで家族に心配をかけてしまいました。
二度とこんなことがないように、猛省しました。

場所:青野ダム、吉川の野池、加西の野池
日付:6月12日(日)
時間:5時00分〜15時00分
天気:くもりのち雨
水温:18.9℃
結果:バス2匹(16cm、17cm)、ブルーギル
ヒットルアー:フリックシェイク3.8インチ(ウォータメロン)のジグヘッドワッキー

6月10日バス釣り(32回目)

6月10日金曜日は徳島への家族旅行のついでに、旧吉野川へバス釣りに行って来ました。
いつものティムコ フェンウィック SUPER Techna S-TAV63CLJ+daiwa K.T.F. PX-68 フィネス 左ハンドル(フロロ7ポンド)を忍ばせて車で旅行に行きました。
朝早く出て朝飯前に一時間だけ釣らせてもらいました。
ポイントがわからないので、昔買った本に載っていた馬詰で釣りを開始します。
見た目は釣れそうな感じです。まずは水門をチェックします。とりあえず自作のスモラバからスタートします。岸際にはテトラが沈んでいて、ベイトがついています。フィーディングモードのような感じがするので、セイラミノーに変えてなげて巻いてみます。横の動きには反応がないので、縦の動きフリックシェイクのジグヘッドワッキーに変えます。橋の下まで移動しますが、釣れません。残り時間が10分ほどになったので、さっきフィーディングモードぽかった所に戻って、自作のスモラバで心中覚悟で勝負します。テトラの先に投げてテトラの上を通すと、横からガツンと来ました〜。
ものすごい引きです。流石は川バスと思っているとテトラに潜られます。
ヤバイと思って、上から釣っていたので、坂を滑ってテトラの上に立ってなんとかGETしました〜。
バレなくてよかったです。
今年12本目のバス(45僉

スモラバが上あごにガッチリ掛かってました。重さは約1.2kgのキロフィッシュです。口閉じならば44かもしれません。タックル:ティムコ フェンウィック SUPER Techna S-TAV63CLJ+daiwa K.T.F. PX-68 フィネス 左ハンドル
ライン:フロロ7ポンド
ルアー:自作のスモラバ(ホワイトチャート)+カットテール(ウォータメロン)
ヒットタイム:7時00分

この坂をすべり降りました。
このテトラに乗ってなんとか取りました。
母を車に待たしており、お腹もすいてきたので戻りました。
短い釣行でしたが。今度はじっくり釣ってみたいです。

場所:旧吉野川
日付:6月10日(金)
時間:6時00分〜7時00分
天気:くもり
水温:不明
結果:バス1匹(45cm)
ヒットルアー:自作のスモラバ(ホワイトチャート)+カットテール(ウォータメロン

6月4日バス釣り(31回目)

6月4日の土曜日は、ブログで知り合ったkensakuさんとバス釣りに行って来ました。
もうずいぶん前からお付き合いさせて頂いているのですが、お会いするのは初めてです。

kensakuさんがどろんさんから教えて頂いた吉川の野池を回って、とりあずボーズを逃れてから激ムズの青野ダムに挑む作戦でした。

竿は2本で行きました。
いつものティムコ フェンウィック SUPER Techna S-TAV63CLJ+daiwa K.T.F. PX-68 フィネス 左ハンドル(フロロ7ポンド)とジャッカルの活虫を投げるためにスピニングの別誂冴掛を持って行きました。

待ち合わせの池で文字通り待ち合わせしました。
一時間ぐらい早く着いたので、先に釣り始めました。水は梅雨の影響か濁っていました。
自作のスモラバで探ります。いまいち反応がないので、今回の秘密兵器ジャッカルの活虫を使います。池をいろいろ回り、カラーもチェンジしますが、全然反応がありません。
そこで再度自作スモラバで探ります。
フォール中に一瞬反応がありましたが、乗りませんでした。
そうこうしてるうちに枝に引っ掛けてしまいロスト。
そこでフォールでくるならということで、フリックシェイクの3.8インチのジグヘッドワッキーを投げます。一度フォールさせますが、アタリがないので一度持ち上げてから再度フォールさせると、ラインが走りました。
すかさずフッキング、釣れました〜。
今年6本目のバス(25僉

タックル:ティムコ フェンウィック SUPER Techna S-TAV63CLJ+daiwa K.T.F. PX-68 フィネス 左ハンドル
ライン:フロロ7ポンド
ルアー:フリックシェイク3.8インチ(ウォータメロン)ジグヘッドワッキー
ヒットタイム:6時33分

ここでkensakuさんが到着されました〜。
タイミングよく、釣れているところを見せられてよかったです(笑)
今度は土管付近に移動して同じようにフリックシェイクを投げると小バスが3匹釣れました。
すべてフォール中にアタリがありました。
今年7本目のバス(16僉

タックル:ティムコ フェンウィック SUPER Techna S-TAV63CLJ+daiwa K.T.F. PX-68 フィネス 左ハンドル
ライン:フロロ7ポンド
ルアー:フリックシェイク3.8インチ(ウォータメロン)ジグヘッドワッキー
ヒットタイム:6時42分

今年8本目のバス(15僉

タックル:ティムコ フェンウィック SUPER Techna S-TAV63CLJ+daiwa K.T.F. PX-68 フィネス 左ハンドル
ライン:フロロ7ポンド
ルアー:フリックシェイク3.8インチ(ウォータメロン)ジグヘッドワッキー
ヒットタイム:6時45分

今年9本目のバス(16僉

タックル:ティムコ フェンウィック SUPER Techna S-TAV63CLJ+daiwa K.T.F. PX-68 フィネス 左ハンドル
ライン:フロロ7ポンド
ルアー:フリックシェイク3.8インチ(ウォータメロン)ジグヘッドワッキー
ヒットタイム:7時2分

次の池に移動しますが、ここも濁ってます。雰囲気はいいのですが、なかなか釣れません。
自作のスモラバにかえてみます。次の池に移動しました。やっぱり濁ってます。
scrumtryさんから頂いた自作のスピナーベイトにかえます。
広範囲を探りますが、釣れないので別の池に移動。ここも濁ってます。ウィードが濃いため、ゼノバズを投げてみます。
しかし、釣れません。
そこで次の池に移動します。ここは濁っていません。
シャロークランクのワドルバッツを投げながら移動します。
フリックシェイクのジグヘッドワッキーで岸際を探りながら移動しているとkensakuさんが見えバスを発見したとの報告がありました。
行ってみると流れ込みに確かに40アップのバスがいました。
周りにいるギルにも反応せず、フリックシェイクを近くにフォールさせても無反応でした。
むしろギルの方がフリックシェイクに反応した時、後ろからバスが猛烈な勢いで襲ってきましたが、ギルを追っかけて去って行きました〜(泣)
さらに別の池に移動しようとしましたが、ヘラ師天国やっはーだったので、諦めてお昼にしました。
吉川IC近くのラーメン屋で、韓国風冷麺の半チャンセットと食べましたが、さっぱりしてて美味しかったです。
青野ダムに移動するため待ち合わせの池に戻り、ついでにチョイ釣りすると、小バスが釣れました。
今年10本目のバス(16僉

タックル:ティムコ フェンウィック SUPER Techna S-TAV63CLJ+daiwa K.T.F. PX-68 フィネス 左ハンドル
ライン:フロロ7ポンド
ルアー:フリックシェイク3.8インチ(ウォータメロン)ジグヘッドワッキー
ヒットタイム:12時5分

ここで青野ダムに移動します。
まず湖翠荘に行こうしましたが、カヌーの人たちの車で駐車場がいっぱいだったのでスルーして末西公園に入ります。
反応がないので岡の谷に移動、そして再び末西公園に行きました。
流石に厳しい青野ダムなので青野川上流に移動します。水の色はほんのり緑色です。
釣れそうなのに釣れないなぁ〜と思っていると、スプールの途中でラインが切れました。
ラインを巻き替えに車に戻るとKENさん親子が帰られるところだったので、挨拶してお見送りしました。
scrumtryさん、myst_streamさんと合流し三度目の末西公園に移動します。
kensakuさんに青野ダムが釣れることを証明するため、一番自身のある自作のスモラバで中層を狙います。
微かなアタリがあったので、アワせるも乗りません。
再びアタリがあったポイントに投げると、ラインがぐっと引っ張られたのでスイープにアワセると乗りました。
結構な引きで雷魚かも?と思っていると左の竹林に突っ込まれました。
竹に巻かれて木化けしたかと思いましたが、まだバスはついていました。
そして慎重に掴みました。よっしゃー!
今年11本目のバス(41僉浮いた木の上で撮影したので左手に握ったままだったので、口閉じなら40僂も知れません。
自作のスモラバ炸裂です。ええサイズです。

タックル:ティムコ フェンウィック SUPER Techna S-TAV63CLJ+daiwa K.T.F. PX-68 フィネス 左ハンドル
ライン:フロロ7ポンド
ルアー:自作のスモラバ(ブルーアユ)+カットテール(ウォータメロン)
ヒットタイム:16時57分

重量を計るとジャスト1kgのキロフィッシュでした。
水温は21度でした。この日は本当に暑かったです。

その後みんなでワイワイと話をして別れました。

kensakuさん、是非またご一緒しましょう!
その時はもう少し釣れる青野ダムになってくれているといいのですが〜。

場所:吉川の野池、青野ダム
日付:6月4日(土)
時間:6時00分〜18時15分
天気:晴れ
水温:21.2℃
結果:バス6匹(25cm、16cm、15cm、16cm、16cm、41cm)
ヒットルアー:フリックシェイク3.8インチ(ウォータメロン)ジグヘッドワッキー 、自作のスモラバ(ブルーアユ)+カットテール(ウォータメロン)
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile
Amazon Webサービス
楽天市場
Recent Comments
  • ライブドアブログ